みんな ありがとう
by epiplectic3110
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
選択する残酷
今日はお話をする前にこの絵をご覧頂きたい

a0009216_2046488.jpg


水辺に佇む男女 あるいは恋人かもしれない
しかし 不自然にのびた木の枝は
もう一つの形を作り出している

胎児 発生したままの 無垢な姿
そこには 蛇にそそのかされた原罪も
汚れきった社会もない

クラゲのように 羊水の中を漂うだけだ



人間は 同時に二つのものを認識することは出来ない
胎児をみているときは 佇む男女を認識できず
佇む男女を認識しているときは 胎児を認識できない

ルビンの壷や老婆と婦人のだまし絵とおなじで
誰もが知っているような原理だ


ある人は 同時に両方を認識できると言うかもしれない
でもそれは 両方の認識を交流電流のように
高速で入れ替えているに過ぎないと僕は思う

人は 選ばなければならないものがある
人生において 佇む男女が必要なときは
佇む男女の絵だと思わなければならないし
漂う胎児が必要ならば
漂う胎児の絵だと思わなければならない

この絵に限っては 両方に見える絵だということは出来るかもしれない
しかしながら その両方に平等に 意識を割り振ることは

永遠に出来ない


残酷なものだ

たとえどちらかを選ぶのだとしても
その答えは永遠に正しいし 永遠に間違っている


僕は正しく そして間違い続けている

後悔だけは したくない
その一つだけを 選んだことを


そうやって 一つ一つ間違えながら
間違えたことを否定しないだけの優しさにつつまれて

今日もこうやって 生き続けていく
[PR]
by epiplectic3110 | 2005-11-28 21:01 |
<< 金魚 Pulseless Elect... >>