みんな ありがとう
by epiplectic3110
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Pulseless Electrical Activity
ベッドサイドに 女性が佇んでいる
彼女の横では まだ幼い子供が居心地悪そうに立っている

ベッドに横たわる 遺体

「お父さんはー?お父さんはー?」
と 何度も声を上げる 子供

医師は静かに説明を始め
心臓マッサージの中止を指示する

レスピレーターは外され
心電図の電源は切られる


なおも騒ぎ続ける子供をすっと抱き上げ
土気色になった父親の姿を 見せる母

黙り込む 子供


涙すら流れない 別れの瞬間



挿管したとき 吹き出してきた胃の内容物は
きっと今朝 家族と一緒に食べたご飯だったのだろう

ご家族を部屋に入れる前に綺麗に拭き取られていたけれど
挿管介助をしていた僕の靴の裏には まだこびりついているだろう

ご家族が入る前に 体を拭いたとき
背中に貼られていた湿布

今はゴミ箱の中にあるけれど
彼を死に追いやった心筋梗塞は
肩こりとして弱いシグナルを放っていたのだろう

42歳という若さで 亡くなった彼
僕はただ その最後に佇んで 何もできずにいた

込み上げてくる涙も
僕が流すべきものでないと
必死で堪えて

この場から離れたい気持ちも どこかに追いやって
ここに佇んで この別れの瞬間を 頭に焼き付ける


彼女は最後まで泣かなかった
ただ呆然と 言葉も発しないで
「蘇生を中止します」
と言われた時だけ すこしだけうなずいた



自分の手を後ろで組んだとき
手首の脈拍が触れた

自分の心臓が動いているのが 不思議だった


昨日会社を早退した時に病院に行っていれば
あるいは助かったかもしれない

そんな空しいことを考えて
それは自分が考えてはいけないことだと 考えるのをやめて


葬儀業者の担架にご遺体を移す作業を手伝い
初療室をあとにした



「先生 エッセンしてきていいよ」
といわれ 一人昼食に向かう

今日の日替わりランチは ハンバーグだ

人が目の前で死んでも
五分後にハンバーグを食べる職業がある


僕は きっと 慣れていくのだろうか?

僕は これから この日常の中で
きっと 慣れていくのだろうか?


そんなことを考えた
先週の火曜日

外は雨で きっとこんな時でも 世界中で いろいろな人が 生きている
[PR]
by epiplectic3110 | 2005-10-24 18:12 |
<< 選択する残酷 白い花 月の明かり >>